LAMYにPILOTを突っ込む

20130410-225447.jpg

最近の小さなこだわりです。

ペンはシンプルな外観と太すぎるほどの太さが手にしっくりくるLAMYのサファリの金属モデルであるAL-STAR。でも、ラミーのリフィルはなさけないくらいかすれる。書いていてイラつくほど。だから、書き心地最高の日本のパイロットのゲルインクリフィルを無理矢理差し替えて使っている。ラミーの中にプラスチックの破片を突っ込んで調整して使う。この組み合わせが今のところ最強の組み合わせ。お気に入りです。ちなみにリフィルの太さは、手帳のサイズにあった書きやすさを選ぶから、0.7mm。買い溜めが10本近くある。いざという時の青芯まである。スケッチ書く時は1.0mmくらいが丁度いいかな。
ほんとに、どうでもいいほど、小さなこだわりでした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA