「何で?何で?クイズ」

以前にも紹介したことがありましたが、「何で何でクイズ」を紹介します。関西弁で言えば「なんでなんでくいず」。どんなモノでも生まれてきたモノには意味がある(と思いたい)。だから、どんなモノにも、そのカタチに至った経緯があるハズで、モノでも服でも家でも、何でも奥に掘り下げることにしている。当たり前に成っているモノに対して、一度立ち止まって疑問をもって立ち向かう。「何で?」と。

ハサミに2つ穴があるのは、なぜ?
ドアの把手があのカタチなのは、なぜ?
トイレの蓋が2枚あるのは、なぜ?
缶ビールのプルの真ん中に穴が開いてるのは、なぜ?
時計が丸いのは、なぜ?
とかとか。
当たり前に通りすぎているコトに対して、疑問を投げかけながら生活する。そのクイズに解答を論じることができなければ、自分はその「答え」を知らないということ。ハサミの穴が2つある理由をキチンと説明できるか。そのモノが作られた経緯を理解しているのか。きっとその答えを導いてあげれるようになっていければ、良いモノは作れないし、使えない。
言葉通り「なんとなく」色形が気に入って使っているモノはたくさんあるけど、その子たちにはもっと意味があるのかもしれないんですね。それを知ればもっとそのモノが好きになることができるかもしれない。もう一度きちんと考えなおそうと思う。
めんどくさいかもしれないけど、みなさんもやってみてください「何で?何で?クイズ」。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA